Q.男同士のルームシェアについて

高校時代からの友人で現在ルームシェアを考えています。

大学生でアルバイトもしているのに不動産屋さんで物件探しに行くとことごとく断られてしまいます。

確かにまだ年齢は若いですが親も保証人になれますし、少額ではありますがアルバイト収入もあるのに何でOKをもらえる物件が少ないのでしょうか。

また、どうすればよい物件を探すことが出来ますでしょうか。

橘 真人

私も若い頃、仲の良い友人と2度程ルームシェアをしておりました。友人との共同生活はとても新鮮であり毎日帰るのもの楽しみで、振り返ると人生のとても良い経験になりました(喧嘩も大分しましたが…)ので、仲間とのシェアについては個人的にオススメします。

ただ、シェアを希望している方の期待とは裏腹に意外とシェア相談可能な物件は限られてしまいます。しかも男性同士となると『入居後に騒いだり人を呼んで迷惑をかけるのではないか』、『誰か一人出て行ってしまったら違う友達が入居するのではないか(入居者入替)』等、オーナー様は不安がってしまうものです。

現に募集条件に『ルームシェア相談』と記載があっても、兄弟or姉妹のみや、女性同士であれば良いけど…などお断りされることも多くございます。

ルームシェア(仮に3名とします)となると、間取りも人数に合わせて3DKや3LDKなどサイズアップします。仮に3DKのファミリーマンションがあった場合、入居者の属性として大半がご家族やご婚約者(カップル等)が占めるため、オーナー様としては『ご友人同士のルームシェア』・『ご家族でのご入居』を天秤にかけた時に、周辺住人の属性とマッチした方を選ぶのは仕方ない部分もございます(自分が逆に物件を所有しているオーナー様の立場になって考えれば、スタンダードな家族構成の方を選択されるお気持ちも分かるはずです)

また、学生様となるとアルバイトの収入もある程度限られてきますので、入居審査ではそこまで有利な条件にはならず、近年保証会社必須物件が全体の8割近くを占めておりますので、各自に連帯保証人が付けれることも有利に働くかと言われると何とも言えません。

そんな状況の中で好条件のシェア物件をお探しするには、『途中で投げ出さずオーナー様・管理会社の理解を得れるよう親身にサポートしてくれる担当者を見つける』のが最善かと思います。正直特殊な条件でのお部屋探しとなると、該当物件一件ずつに確認が必要となりますのでより手間や時間こそかかりますが、良い営業マンであれば現実的な候補物件が出るまで根気よくお探ししますので!

そんなお悩みでお困りの方は、是非ともマッシュルームへお越しくださいませ^^